VDT対策で健康経営

毎週日曜日は、ヘッドオフィスプロが提案する健康経営の話。今回提案するのは「VDT対策で健康経営」です。

VDT=Visual Display Terminal
(コンピュータのディスプレイなど表示機器)

社会人が一日でPC・スマホを見ている平均時間がどれくらいかご存知でしょうか。

2011年10月10日の「目の愛護デー」を前にオリコン・コミュニケーションが発表した「サラリーマン・OLの『目』に関する調査」によると、PCやスマホなどのモニターを見るために1日平均11時間も目を酷使しているんです。また、サラリーマンやOLの94.0%が「目の疲れを感じる」そうです。
現にこの文章を見ているあなたもスマホやPCで見ているはずです。

目に負荷がかかることで様々な症状が起きてきます。
視力の低下、ドライアイ、眼精疲労、肩こり、首の痛み、ストレス、睡眠障害など、、

今やPC・スマホは生活必需品になってきたけど、その分目に対する負荷も増えているということ。
健康経営というとタバコやお酒、肥満などが思い浮かびがちですが、目に対する健康経営の取り組みは今後需要が増えていくはずです。

例えばこんな取り組みはいかがでしょうか。

  • 散歩休憩
    • 外にはいろいろな情報があふれています。散歩してリフレッシュしながら、外の風景で疲労を回復。もちろん散歩休憩の時間はスマホNGです。
  • 自社オリジナルブルーライトカットメガネの作成
    • せっかくならカッコいいブルーライトカットメガネを作りましょう。コーポレートカラーを取り入れ会社の統一感も演出できます。
  • モニターサイズの拡大
    • 小さいものを見ようとすると画面との距離が近づいてしまいます。デスクトップ・ノートPCのサイズも健康経営の視点で重要視すべき。

また、オフィス内にできる仕掛けとして

  • 目に優しい植物を設置
  • 広い開口部を天窓や視線上部に計画
  • 照明のグレアの防止

視力が落ちることや、目に疲労がたまることで、確実に生産性は落ちてしまいます。
ただの休憩時間を確保しても、スマホでSNSを見ながらの休憩になってしまうでしょう。VDTから物理的に距離をとる仕掛けが必要です。

スタッフを大切にする企業であればVDT対策はマスト。
ESG投資という言葉があるように、スタッフへの福利厚生も企業評価の価値基準です。
健康経営を積極的に取り入れていきましょう。


本社の建て替えやリノベーションをお考えの方はヘッドオフィスプロにお任せください!毎週木、日の19時にブログ更新中。


2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Categories:

Comments are closed